一瞬で意図的にゾーンに入る方法伝授 究極の精神世界トランスの入り方

フロー状態、ゾーン状態に入り、セルフイメージを高め、人生を大きく変える方法を伝授するブログ。 イップスを経験したブログ管理人のゾーン覚醒体験談や精神世界への旅の遍歴。 潜在意識を根本から変えられる革新的方法についての体験記もあります。 精神世界の極致=ゾーンに入れる方法と出逢えば、人生の運は大きく開けます!

カテゴリ: セルフイメージが低い人の損失

hart-1307938


セルフイメージの高い人は柔軟性が高い、低いと逆に意固地になりやすい

セルフイメージの高い人は、意外に人の意見に素直に耳を傾けられます。
セルフイメージの低い人ほど、あるいはセルフイメージを変えられない人ほど、人の意見に反発し、聞く耳を持たなくなります。

プライドが高く、すぐ傷ついたり怒ったり、人のせいにしたりします。
つまり余裕がないし、人生を変えたいと誰よりも臨みながら、人生を変えるアドバイスをはねのけてしまいます。


圧倒的な余裕の差、応用力、直感力

セルフイメージが高くてできる人間ほど、周りの人間の意見を柔軟に取り入れます。
それでいながら最終的に決断を下し、最適な解答を導き出せます。
余裕があるし、自分に自信を持っているから、他人の価値もそのまま受け入れられる。
自分に足りないものがあったら柔軟に受け入れることができるし、この多様性を求められている社会でうまくやっていけます。

一方で他人の意見やアドバイスに反発し、プライドを傷つけられたからと攻撃的になり、裏ではくよくよ悩んでいる人ほど、セルフイメージが低いです。
自分の意見を押し付けようとしたり、柔軟さもありません。
ある意味、非常に狭い了見で余裕が無いわけですね。


そのプライドが邪魔をしていませんか?

自分のセルフイメージがじつは高いのか低いのかを測る尺度として、人からの意見やアドバイスをどう自分が受け止めているのかでよくわかります。
プライドを傷つけられてしまうのならば、セルフイメージが低いと思っていいと思います。

仮に人のアドバイスが的はずれだったとしても、それを包括する余裕がなくてはいけないし、何にせよ自分にプラスとしてしまえばいいわけです。
セルフイメージは常に意識しておかないと、いつのまにか低いまま無駄なエネルギーを遣うことになりかねないので、十分注意しましょう!

本当に無駄な努力になってしまいますよ!


こちらに関連した記事(カテゴリ別)がありますので、そちらも参考にしてください

sunset-at-west-neck-1569225

潜在意識でできないと思ったら、やっぱりできない

人間は思ったとおりになると同時に、思わないとなんにも始まりません。
セルフイメージが低い人は、まず自分が願望を実現していることを思い込むことができません。
思い込みたくても「どうせ自分は…」と疑念が湧いて出てしまうからです。

意識の表面は誰だって思い込もうと思いますし、その気になったりします。
ですが、セルフイメージが低いと潜在意識で自分から「できない」と思ってしまいます。
できないと心から思っているのだから、できるわけがないです。


その努力無駄になってませんか?

ですが人間はそれとは関係なしに努力をします。
それは尊い努力といいたいですが、無駄な努力になることが多く、さらに潜在意識でできない自分だけを認識してしまいます。

そこで自己啓発書を読んだり成功セミナーや起業セミナー等に参加しても、『願えば叶う』理解はありながらも、自分だけは思い込めないままずるずると時間が過ぎてしまいます。
それは大きな時間的ロスと場合によっては金銭的な損失を被ります。


あなたの顕在意識と潜在意識が合致しなければ努力が無意味になるかもしれない

潜在意識や無意識は自分ではなかなか扱いきれない圧倒的な意識の領域で、意識と潜在意識が一致していないとセルフイメージを高めたくてもできません。
いくら脳みその表面だけで思い込もうとしてもできないのは、無意識や潜在意識の領域には届いていないからです。

変性意識と脳覚醒状態が潜在意識を劇的に変える

届かすためには?
それには変性意識状態に入ることが望ましいです。
脳が覚醒したトランス状態にまで深まると、はじめて意識と潜在意識と一致し、相互に好影響を与えることができます。
そうなるとセルフイメージを最適化することが可能になり、セルフイメージの低かった自分を大きく変え、ひいては人生を変えることになります。


参考ブログ 人生が変わる、自分を変える! 自分が根本から変わる方法伝授


こちらに関連した記事(カテゴリ別)がありますので、そちらも参考にしてください

mind-767584_960_720
損をする生き方はどこから?

セルフイメージは低いと、どこまでいっても大損をこく人生になってしまいます。
セルフイメージが低い人でもたくさん努力をします。
頑張れば何かが変われると思うからです。

ですが、どの努力と費やしたエネルギーが無駄なものになります。
人間は頑張ったからってすべて順調に行くわけではないし、壁にあたった時に真価が問われます。

セルフイメージの高い人はエネルギーが高く持続

セルフイメージが高い人は、それもエネルギーにして成功するまで頑張れます。
しかし、セルフイメージの低い人ほど、うまくいかない時に『本来持っているセルフイメージの自分』の立ち位置に戻ってしまうからです。

その低い定位置が、語弊はあるけれど居心地がよく、安定しているからかもしれません。
つまり、変わりたいけれど変われないのは、セルフイメージが低いまま変わろうとしているからです。

セルフイメージの低い人の特徴

低いセルフイメージの中には
・どうせ自分は
・結局うまくいくわけない
・運が悪い

といったものが含まれています。

だから努力して頑張っても、結局元の『できない自分』の呪いから逃れられずに、少しの失敗でも諦めたり、人のせいにしたり、自信を失いやすくなります。
これでは、努力をしただけむだです。

セルフイメージが低いと長続きしない、やる前から諦めやすい

その無駄な経験値を何度も重ねてしまうと、完全に低いセルフイメージが確立してしまいます。
つまり、諦めの人生となり、努力をしても変われないとやる前から決めつけてしまうわけですね。

以前は努力をして変わろうとしたけれど、セルフイメージをおざなりにしたために、結局スタート位置に戻ってしまう。
時間を無駄にしているわけだから、スタートよりも更に低い位置に押し戻されてしまったと言えます。


絶対的潜在意識に完全アクセスすればセルフイメージを変えられる

潜在意識に組み込まれたセルフイメージは非常に強力で、そこを強く意識しないと、どんな頑張りも無駄になってしまいます。
潜在意識からセルフイメージを高めていくことが何よりも重要になります。

そのために方法として、瞑想やスピリチュアル的アプローチがありますし、様々な潜在意識にアクセスする方法が世の中にあります。
これについては、どれがいいのか、どれが効率が悪いのか(時間とエネルギーを無駄にしてしまう)、僕の体験談を含めてブログに書いていきたいと思っています。



こちらに関連した記事(カテゴリ別)がありますので、そちらも参考にしてください

このページのトップヘ