一瞬で意図的にゾーンに入る方法伝授 究極の精神世界トランスの入り方

フロー状態、ゾーン状態に入り、セルフイメージを高め、人生を大きく変える方法を伝授するブログ。 イップスを経験したブログ管理人のゾーン覚醒体験談や精神世界への旅の遍歴。 潜在意識を根本から変えられる革新的方法についての体験記もあります。 精神世界の極致=ゾーンに入れる方法と出逢えば、人生の運は大きく開けます!

タグ:トランス呼吸法

ドリームアートラボラトリー岩波英知先生のトランス呼吸法とは、トランス呼吸法のやり方
トランス呼吸法とは?

トランス呼吸法は呼吸法の一種です。
ドリームアートラボラトリーという心理脳内研究所の代表である岩波英知先生の教える呼吸法になります。

トランス呼吸法は、最初は岩波先生の脳覚醒技術(トランス状態誘導技術)をより円滑に、より深い体感の質を得るために、そして体と脳の芯を緩めるために大事となる呼吸法です。
この呼吸法をたくさんやってくると、潜在意識や脳内にエネルギーが知らず知らず蓄積します。
家で効果を感じなくてもやることがコツです。

別に『緩もう、緩んだ、気持ちいい、すごい変性意識だ、潜在意識が顕在化してくれた!!』と思わないでも大丈夫です。
結果的になれば大成功ですが、最初はそれを求めてやってはいけないですよ!


※こちらにトランス呼吸法の解説をyoutube動画で解説している脳覚醒ダイバーHaruさんのチャンネルがあります。



【呼吸法効果を最大化する方法】岩波英知式トランス呼吸法のやり方と効果(防衛本能を外すトランス呼吸法のやり方を動画で解説)


トランス呼吸法の前に、トランスストレッチをやるといいのですが、
そのやり方についてのHaruさんがゆっくり動画解説しています。


トランス呼吸法もトランスストレッチ法も、脳の中を緩めることが主眼です。
脳の覚醒は、脳の緩みをベースとして生まれると思います。



トランス呼吸法のやり方(基本)


息をゆっくり力まずに吸い込みましょう。
何事も力まないのが呼吸法もコツです。
あくまで緩むためにやるもので、力んで緊張してやるものじゃあ、ありません!

僕は最初頑張りすぎてしまったようで、効率が悪かったので(うまくいくときもありましたが、それは何気なしに気負いなくできていたときだけ!)、とにかく力まず、眠れないようにしましょう。

吸った息を、これまたゆっくり力まずに吐きましょう。
吐ききらなくても大丈夫です。
体が緩んできたら吐ききっても大丈夫ですが、人それぞれに緊張状態や緩みの状態が違うため、
あくまでも自分の体と相談しながらやるのがコツです。

最初は吸う息も吐く息も、居心地の悪さというか、しっくりこない感があります。
でも、それを気にしてはダメです。
そのままやってください。

気負わず、力まず、が基本形です。


寝てやるのか椅子に座ってやるのかは、椅子に座ってやる(硬い椅子でなくてもOK)のがいいでしょう。
布団に入って寝てやると、すぐ寝てしまいます。

寝ていたら何の意味もないことを強く言っておきます!
逆に寝ていても呼吸法を続けている自分がいたら、褒めてやってください。
そして、起きて呼吸法をやりましょう。

吸って吐く、吸って吐く、この2つの間の時間は何秒がいいということはなく、自分のペースで進めるのがいいですよ。
これもトランス呼吸法のコツですが、マイペースでやることが大事です。

しっくりくる時間の間隔でやりましょう。
しっくりこなくても呼吸法を続けながら、その中で一番自分がやりやすい『間』でしっくりできる感覚を掴みましょう。

「マイペース、自分の感覚で」これがとても大事です。
不自然さ、緊張、力みをなくしていきましょう。


トランス呼吸法は岩波先生の施術にどんな好影響を与えるのか?

たかが呼吸法ですが、されど呼吸法、といわれるのがトランス呼吸法です。
岩波先生も、呼吸法そのものはほとんど意味がないと言っています。
これは語弊があるので言っておきますが、呼吸法をやっても無駄だということではないんです。

呼吸法単体では、本当にすごい効果がある呼吸法であっても、そこに誰もが到達するわけではなく、途中で挫折している人ばかりいるという意味です。
呼吸法はそれほどまでに難しいものです。
瞑想や自己催眠も同じです。
自分で自分の内面と向き合う修行は、メンタルブロックとか雑念との戦いに入り、いい効果を感じられないのがほとんどです。

しかし、岩波先生はトランス呼吸法には意味があるといいます。
それは、自分の誘導技術と組み合わせることで最大の効果を発揮するからです。

まずトランス呼吸法を知らない、やってもいない人でも、初めからトランス状態に入ることができます。
99.6%が入れるとのことです(残りの0.4%もそのうち体験できます)。
岩波先生の誘導技術や施術能力は一ヶ月単位でどんどん進化しているため、そのパーセンテージも変わっているかもしれませんし、初回からの体感の質が進化しているのかもしれませんが、トランス状態を味わった脳でトランス呼吸法をやることにとても意義がある!

脳の奥底の扉がそれで一度開くため、トランス呼吸法のエネルギーを流し込むことで(単に息を吸って吐くだけでいい)、脳の中に呼吸エネルギーが蓄積していきます。
呼吸法にエネルギーがあるというのは、別にJOJOだけの話だけじゃあーない!

それを数日、一週間、一ヶ月呼吸法を毎日やってくることで、次回の岩波先生の施術効果が爆上げします。
そのトランス状態が深まるため、さらに脳の扉が開き、蓄積量が増えていきます。
この繰り返しで、自己催眠や瞑想や他の呼吸法では一生達することがない精神領域に軽々入っていくわけです。


トランス呼吸法以外の呼吸法(丹田、腹式、瞑想呼吸、ヨガ呼吸など)をやってきた人は?

他の呼吸法をやってきた人は、呼吸法への取り組み方や逆にうまくいかない原因などよくわかっているので、有利かもしれません。
初回から知らず知らず蓄積している呼吸エネルギーが、とんでもないトランス状態をもたらしてくれるかもしれません。

でも、トランス呼吸法をやりましょう。
あまり今までやってきた呼吸法の型にこだわってやってはダメです。

呼吸法には型なんてものはなく、僕は自分のペースでやることが一番大事だと思っています。
型がうまくできないときは、力みや不自然さで違和感を感じてしまうから。

あとはリラックスできたり、緩んできたなと思ったら、呼吸法はそこから進化していきます。
変性意識状態に入れる入り口に立てるからです。
そこから、自分でトランス状態に入れるようになり、自分の思考をコントロールできるようになります。

上質な睡眠に変わったり、ストレスが無くなったり、気持ちに余裕が出たり、メンタルが強くなったり、幸せな感情に包まれてきます。
トランス呼吸法はすごい効果がありますが、まずは岩波先生の施術で利用するためのエネルギー蓄積ツールだと思って、割り切って時間だけ呼吸法をやってきましょう。

brain-in-hand-1312350

この記事について

岩波先生の提供する技術によって、人々が人智を超えるほどの超越した世界(意識の深層領域)を体験し、自分自身を大きく変革させられることを述べたものです。

誘導技術を受けることで、生きている中で間違いなく最高の体感を味わえ、自分自身が無限大の可能性を持つことを感じます。
また、脳内のゴミが一掃され、雑念から解放されるため、脳や感覚的なものがクリアになります。
本物を超えた体感に感動が待っています。

岩波先生の誘導技術は、頭で理解するのではなく、心で悟る(悟り的気づき)ことのできる絶対的な感覚の世界に入り、自分を体感を通して変えていける技術です。


世界でオンリーワン。圧倒的な感覚の天才

岩波さんは世界何十億人の中で、ただ一人奇跡的な神業を持っている。
10代の頃に催眠や人間の深層心理に興味を持ち、ずっと研究を続けてきた人だ。
その発想や視点は非常に斬新で、人まねを決してせず、どうやれば脳内の中に神秘的な体験を引き起こすことができるか実践を通じて研究を重ねてきたそうだ。

そして、僕が岩波さんの技術を受けた頃にはすでに、世界でたった一つの技術を開発した。
それは、脳覚醒状態という非常にスピリチュアル的な体感であり、人間が体感しうる脳内に起きる現象を人為亭に引き起こせる技術だ。
これを体験して、驚かない人間は一人としていないぐらい、圧倒的な奇跡体験だ。

すべての難問が氷解していく体験

どう書いても岩波さんのもたらす脳覚醒状態(スピリチュアル的体感)のことをうまく表現できないけれど、ぜひ超越した世界を欲している人は受けてみてほしい。
騙されたと思って受けてみてほしい。
人間が体感できる一番最高の体感を味わえることだから。

最初から超越してしまう人もいれば、訓練と回数を重ねて到達する人もいるけれど、誰もがそうなるもので、自分だけは入れないのではないかと思う必要は全くありません。
これは人為的に起こせる岩波英知の奇跡的な技術で、オカルト的なものでもなく、岩波さんはどうやれば神秘的な体験を起こせるか完全にマスターしているのだと思う。

詳しいことはわからないけれど、スピリチュアルや精神世界に興味がある御仁は受けてみて絶対に損はない。
これこそが僕らが求めてきたものだと思うし、すごいのはその驚きや感動が、次にはもう小さな物となって、毎回限界を超えてしまうことにある。


人間の味わえる感覚の中で最上位かもしれない

だからけっして受け続けても陳腐化することがないばかりか、さらに新世界に入っていくことだろう。
いくらすごいからといって、頭がいかれることもなく、逆にクリアになっていく。
これは脳内のゴミが一掃されるためだと思う。
無の世界にリセットされるため、雑念だらけで凝り固まった脳が解放されるのだ。

岩波さんの技術を受けた人は、スピリチュアル仲間や瞑想仲間がいる人なら、すぐ紹介したくなるぐらい本物を超えた体感に感動する。
僕が初めて受けたときの感動もすごかったけれど、何度受けてもその感動が目減りすることはなかった。

目に見えないけれど確かに存在している運命の流れを変えられるのは岩波英知さんの技術しかないと思う。
理屈じゃない脳の浅い部分じゃない、絶対的な感覚の世界に入れるから、根本的に自分を変えられる技術だ。
頭でわかるのではなく心で悟れる世界に入れる。

それは究極に気持ちよく、劇的だ。
究極に静かで、いつまでも浸っていたい。
そして自分の脳が活性化していくのがわかる。
自分の可能性が無限大であるとともに、自分が何者であるか感覚的にわかる。


究極の瞑想状態、精神世界が味わえる

これは究極の瞑想状態に入った以上の効果があると思う。
自分が万能であると思えるぐらい、自分への信頼感が劇的に増したこともあった。
自分が存在していることへの感謝と自分がいるから世界があるという喜び、その一体感を体験した時、本当に生まれてきたよかったと心から思えた。

人それぞれ体感や感じ方は違うけれど、何を試しても中途半端な人は、絶対に受けたほうがいいと思います。
岩波さん以外には成し遂げられないものだから、この感覚は有限でもある。
そう思うと、受けていないまま時間がすぎるのは本当にもったいないと思う。
岩波さんと同時に生きている運の良さを僕は本当に感謝しています。


こちらに関連した記事(カテゴリ別)がありますので、そちらも参考にしてください

トランス状態とゾーンに入った状態と脳覚醒

一流アスリートですら困難なゾーンに入る技術

ゾーンとは、どんな一流のアスリートでも、意図的に入ることが難しいものです。
しかし、ゾーンに入る条件は定まってます。
それはトランス状態に入っているか、心に揺らぎもとらわれもない究極の異常な集中力を発揮しているかなんです。
トランス状態とは、普通の意識の流れとは別次元の意識が究極に変性した状態、意識が覚醒した状態のことをいいます。
ゾーンに入った状態はまさに、トランス状態の到達地点にあると言えます。


ゾーンに入るには様々な困難が待ち受けている

厄介なことに、トランス状態も異常な集中力も、自らの力で作ろうとすると、力みと緊張を生み出し自然な流れやリズムが妨げられ、深いトランス状態や集中力の世界に自動的に入る道を閉ざしてしまうんです。
人間は知恵を使い出すと(理性に頼ってしまうと)、途端にすべてがぎこちなくなり、意図的になってしまいます。
意図的は非常に不自然な状態で、意図に素晴らしい目的があったとしても(ゾーンに入る!)、小賢しい知恵を使いだしてしまうんですね。


だから、トランスや異常な集中力に入れないし、ひどいと雑念にとらわれて、本来の自分の力を発揮できなくなってしまいます。
一種のスランプです。
スランプを脱出しようと考えすぎてしまうと、さらに雑念を引き寄せて、スランプが長引いていきます。


自分の限界を超えた意識になる

だから、知恵を使いすぎる自分を超越する必要があります。
そのためには、トランス状態に入ることが一番です。
もし集中しなければならないと思うと、力んで集中力が分散してうまくいきません。

まずは深い感覚の世界に入ること=トランス状態になることが重要になってきます。
トランス状態は無駄な思考もなく、それそのものが快適で自分の潜在意識のエネルギーが湧き出てくる状態です。
完全に入り込んだ状態であり、気持ちいい気分がノリノリの状態になっていきます。

その時、人の脳は一気に覚醒していきます。
潜在意識が顕在意識となり、眠っていた力が意図せず出てきてくれるんです!
これがすごい!

自分でないようなパワーが出てきながら、まさしく自分の内側から湧き出てくるパワーであることは間違いなく、その気持ちいい感覚にひたすらノッていけばいいだけです。
完全にリズムに乗ることができたら、そこで無駄な知恵を使わずにただ感覚に身を任せて、感じるまま動いていたら、一気にゾーンに入っていきます。

考えてはいけない、感じること、それがゾーンに入るための思考のあり方ですが、トランス状態に入ったら、考える余裕もいい意味でなく、ひたすら感じるだけになります。
だから、トランスに入り込めたら、あとはものすごく楽です。


トランス状態に入れたらゾーンは自然に訪れる

トランス状態に入るためには、僕はトランス呼吸法が一番手っ取り早いです。
ただの呼吸法ではなくて、岩波先生の施術(脳覚醒)により、脳がトランス状態を味わったことがある人がやる呼吸法です。
普通の呼吸法は、トランス状態にまで達することはほぼ不可能に近く、お釈迦様や空海やラジニーシや中村天風レベルにならないと難しいですが、岩波先生に誘導されたらいとも簡単にトランス状態の極地を味わえます。

脳はトランス状態の深い味わいを必ず覚えているため、トランス呼吸法をすることでいつでも再生できるようになります。
ここでもコツがありますが、それがマスターできたら、自分の力で意図的にトランス状態に入ることができますし、ゾーンに入ることも可能です。
ただし、最初からゾーンに入ろうとトランス呼吸法をしたら、一生ゾーンに入れないと思います。

心が囚われてしまうからですが、コツを掴んだり、トランス状態が異常な深まりを見せるようになったら、何の努力をしなくてただ流れに身を任せるだけで、ゾーンに入れるようになります。
ゾーンに入れたら、とてもダイナミックな心地よさがあります。


ゾーンに入った状態の奇跡的なすごさ

すべてを超越した、すべてを手に入れた感覚になれます!
そんな自分に興奮しながら、同時に冷静すぎる自分もいます。

この脳覚醒状態こそが最強なんです。
異常な集中力とフロー状態が続くことでゾーンにスポッと入るという法則があるけれど、まずトランス状態に入って、その流れのまま身を任せていてもゾーンに入れるんです。
どちらが確率が高いかというと、トランス状態経由のゾーンです。

トランス状態にも簡単に入れる方法があるので、ゾーンに入ることはそんなに難しいことではないです。
ゾーンに何度も入って、自分の潜在能力の凄さを肌で五感や第六感で実感しましょう!
本当に生まれてきてよかった、このために今まで生きてきたんだという喜びが到来しますよ。

フロー状態とゾーンの入り方



当ブログのカテゴリ

このページのトップヘ